ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の古いモデルも再注目です


ここ数年、オールドシャネル・グッチ等が注目されておりますが、王道ルイ・ヴィトンも忘れてはいけません。

一品目は皆さんも一度は見たことのある、巾着型のバッグの「ノエ」です。

実はこの「ノエ」元々はシャンパンを運ぶ為のバッグってご存知でしたか?

シャンパンを最大で5・6本運ぶ為、バッグの内部は仕切り等が一切無い設計になっているんです。

このシャンパンを運ぶバッグを元に、女性的なエレガントなバッグに改良して発売をしだしたのが「ノエ」なんですね~

今回はエピという素材のノエが入荷しております。

エピというのはフランス語で「麦の穂」という意味で、風にたなびく麦の穂をイメージして作られた型押しのパターンです。

カラーは「トレドブルー」といって、スペインの古都トレドのタホ川をイメージしたカラーなんですね。

二品目は荷物がよく入りそうな「ボーリング・ヴァニティ」というモデルです。

現在はドーヴィルという名前に変更になっております。

実は元々は化粧道具の持ち運び用にデザインされたバッグなんですね、ボーリングとかついているから、ボーリングのバッグかと思う人もいたかもしれませんね。

二点とも1980年代からある、歴史あるバッグですが、平成最後の今でも人気のあるモデルとなっております。

ギャラリーレア心斎橋本店では他店からのお取り寄せも承りますのでお気軽にお問い合わせください!

ギャラリーレア心斎橋本店は大丸心斎橋店のすぐ近くです!

大阪に来られた際は是非お立ち寄りください♪