シャネル カジュアルなドーヴィルライン


シャネル(CHANEL)発祥の地、フランスにあるリゾート地にちなんでつけられた、「ドーヴィル」。初めてモードブティックが立ち上げられたのも、このドーヴィルの海辺だそうです。
  
シャネル(CHANEL)といえばチェーンショルダーバッグの黒いラムスキンやキャビアスキンにゴールドのココマーク金具のように、高級感のあるイメージが強いですが、ドーヴィルはキャンバス地で収納力もあり、カジュアルかつスポーティーな印象です。
 
前述した通り、リゾート地にちなんでいることもあり、「リゾートで使えるバッグ」として、2012年に発表されています。皮製品とは違って濡れても大丈夫、さらに容量もたっぷりなので多くの荷物が必要なキャリアウーマンや、お子様連れのお母さん、1泊の旅行などにもお使いいただけます。ハンドルとチェーンショルダー両方ついているものも多く便利です。
 

プリントではなく文字が浮かび上がるようにジャガード織りで、シャネル(CHANEL)が初めてお店を出したカンボン通りの住所がデザインされているものも多く魅力の1つです。現在も国内外の人気女優やモデルが愛用しています。
 
サイズ展開も多く、現在は革製品、クラッチバッグやチェーンウォレット、長財布での展開もしています。心斎橋本店では大人気のネイビーキャンバス地のミディアムトートと、オフホワイトでカーフスキンのミディアムトートをご用意しております。どちらもA4サイズが入るのでデイリーユースにピッタリです。気になる方は是非お問い合わせください。